専門科外来

循環器科

診察時間はいつですか?
検査と説明をしっかりと行うため通常外来とは別に、火曜日と金曜日の13時から16時の間で完全予約制にて受け付けています。お電話にてご予約頂けます。
診察時間はいつですか?
検査と説明をしっかりと行うため通常外来とは別に、火曜日と金曜日の13時から16時の間で完全予約制にて受け付けています。お電話にてご予約頂けます。
循環器科とはどういう病気のことですか?
心臓と血管の病気を扱う科です。心臓のリズムが乱れているような不整脈も対象となります。動脈管開存症のような先天性疾患から僧帽弁閉鎖不全症など心臓病は数多くあります。それらを適切に診断・治療し、お薬の飲み方や検査の頻度などもアドバイスさせて頂きます。
どんな時に受診すればいいですか?
心臓に雑音があると獣医さんから指摘された、治療中だがよく病状がわからない、今後どうなっていくのか、他に治療法はないのか知りたい。なんでも疑問や不安があれば気軽に受診してください。
受診の際に準備するものはありますか?
他の動物病院で検査されたもの(血液検査やレントゲン、心電図など)を持参して下さい。なければ持参なしで大丈夫です。現在飲んでいるお薬の種類がわかる処方箋。処方箋がなければ現物をお持ち下されば助かります。
心臓が悪化するとどうなりますか?
心臓病にもよりますが、咳が出る、動きたがらないなどの症状が多いです。しかし心臓病は無症状なことが圧倒的に多く、症状が出た時はかなり進行しています。動物は体調の変化を言葉で訴えることができませんから早期発見、早期治療が大変重要になります。
どんな検査をしますか?
聴診、レントゲン、心電図、心臓エコー検査、心臓マーカーなどを組み合わせて行います。どの検査も麻酔を必要としないため負担はそこまで重くないと思います。しかし不安で検査が苦手な子は飼い主さんと一緒に検査させてもらうこともよくあります。ご希望であれば全ての検査に同伴することが可能なので気軽にお申し付けください。

症例紹介

サンプルサブタイトル

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト