乳腺腫瘍

乳腺から発生した腫瘍のことです。犬では約50%が悪性で、さらに増大、増数傾向のある腫瘍はその約80%が悪性です。若齢で避妊手術を受けた場合は発生率が低く、未避妊の高齢犬ほど発生率が高いことから卵巣ホルモンの関与が考えられます。
大きさにより予後が異なるため、胸にしこりを発見したらまずは検査を受けることが大切です。
主な症状 乳腺部に硬いしこりを1個~複数個見つけられることが多いです。痛みはほとんどありません。
診断 触診、病変部を針生検して細胞診断で診断します。
さらにレントゲン検査や超音波検査で転移を疑う病変がないかを検査します。
治療 病理検査結果によっては抗癌剤や免疫療法などの内科的治療を行うこともあります。若齢(1回目の発情以前)での避妊手術が乳腺癌発症の予防になります。
*犬では時に炎症性乳がんと呼ばれる悪性度の高い乳癌が発生することがあります。乳腺とその周囲の皮膚が熱感や痛みをもち、赤く腫れたりします。この場合、外科的切除は禁忌で抗癌剤の投与や対症療法などを行いますが非常に予後の悪い癌です。
症例 乳腺部にできた腫瘍の写真です。
腫瘍の大きさにより予後が違うため、胸にしこりを発見したらまずは検査をすることが大切です。

膀胱腫瘍

膀胱腫瘍の多くは上皮由来であり、そのほとんどが悪性で移行上皮癌と診断されることが多いです。10kg以下の犬では発症リスクが高く、高齢(平均9.5歳)での発生多い。
主な症状 血尿や排尿困難、頻尿を主訴に来院されることが多く、身体検査でで異常が見つからないことが多いため発見が遅れるケースがしばしば認められます。
診断 尿検査や血液検査、腹部エコー検査などを用い総合的に判断します。確定診断には尿道カテーテルによる吸引で組織を採材し診断をつけます。
治療 外科手術が第一選択ではあるが尿管や膀胱三角部、尿道などを巻き込んでいた場合、膀胱全摘出術や尿路変更術などの大がかりな手術が必要になります。
放射線療法や抗癌剤なども適応されるが予後は厳しいケースが多いです。
症例 膀胱の移行上皮癌に対して膀胱全摘出術及び包皮への尿路変更術を行った症例です。上4枚

良性の膀胱腫瘍に対して部分摘出を行った症例です。下4枚


紹介について

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

症例紹介

腫瘍

乳腺腫瘍(犬)

乳腺から発生した腫瘍のことです。犬では約50%が悪性で、さらに増大、増数傾向のある腫瘍はその約80%が悪性です。若齢で避妊手術を受けた場合は発生率が低く、未避妊の高齢犬ほど発生率が高いことから卵巣ホルモンの関与が考えられます。
大きさにより予後が異なるため、胸にしこりを発見したらまずは検査を受けることが大切です。
こんなことないですか?
乳腺部に硬いしこりがある
避妊手術を受けていない、または2回目の発情以降に避妊手術をした
主な症状 乳腺部に硬いしこりを1個~複数個見つけられることが多いです。痛みはほとんどありません。
診断 触診、病変部を針生検して細胞診断で診断します。
さらにレントゲン検査や超音波検査で転移を疑う病変がないかを検査します。
治療 病理検査結果によっては抗癌剤や免疫療法などの内科的治療を行うこともあります。若齢(2回目の発情以前)での避妊手術が乳腺癌発症の予防になります。
*犬では時に炎症性乳がんと呼ばれる悪性度の高い乳癌が発生することがあります。乳腺とその周囲の皮膚が熱感や痛みをもち、赤く腫れたりします。この場合、外科的切除は禁忌で抗癌剤の投与や対症療法などを行いますが非常に予後の悪い癌です。
症例 乳腺部にできた腫瘍の写真です。
腫瘍の大きさにより予後が違うため、胸にしこりを発見したらまずは検査をすることが大切です。