CT検査・症例紹介

CT

CT(Computed Tomography)はX線を身体の360°の方向から照射し,様々な方向から体内を確認できる検査です。また造影剤を用いるCT検査を追加することにより、レントゲン検査や超音波検査だけでは分からない病態の診断や手術に必要な情報を適格に把握できます。

CT検査はレントゲンの様に一瞬で終わるものではありません。その間動物はじっとしていることが出来ないので、全身麻酔が必要になります。安全な麻酔のために当日は絶食絶水で来院されるようお願いします。

費用


単純CT検査   30000円
追加造影CT検査 追加料金5000円~(体重に応じて)
別途術前検査,全身麻酔費用などの諸費用がかかります。

CT検査をご希望の方へ


他の病院からのご紹介の場合や、CT検査をご希望される方はお電話でご予約を受け付けています。午前中の診察時間中に来院可能な場合は当日の検査も可能な場合がありますのでお電話にてお問い合わせください。

無麻酔CT

当院では無麻酔CTを導入しており,今までは麻酔が必要だったCT検査が麻酔なしで行えます。麻酔がかけられなかった高齢の子や腫瘍の転移確認で毎回麻酔が必要だった子など、麻酔に対してリスクがある子に対しても検査が行なえます。

動物を専用の固定具を使い、麻酔無しでCT検査を行います。そのため、麻酔のリスクが高い基礎疾患を持った子や高齢の子でもCT撮影が可能です。

ただし、使用する固定具の関係により、中~大型犬(15kg以上)は適応できません。また,小型犬や猫の場合でも性格により適用できない場合があります。また、呼吸を止めずに検査を行うので,麻酔下での検査に比べて診断の精度は落ちる可能性があります。

症例により無麻酔CTを利用できない場合や,従来の麻酔を用いたCT検査の方が有効な場合がありますので,詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

CT検査が有効な病気

CT検査で分かる異常は多岐にわたります。脳・肺・腹部臓器・骨などにおいて、 腫瘍の浸潤範囲や転移の確認などに威力を発揮します。
腫瘍以外でも、その他の検査で原因のはっきりしない胸腔・腹腔内の異常、 手術前の精密検査(骨折・消化管内異物など)、呼吸器症状、顔面の腫脹、意識障害、四肢麻痺などの際にCTが有用です。

頭部

水頭症 外耳炎・中耳炎 歯科疾患
腫瘍
(脳・鼻腔・口腔・眼窩)
骨折 脳障害
意識障害 顔面の腫れ

胸部

腫瘍
(肺・腫瘍の肺転移)
肺葉捻転 気管虚脱
骨折

脊椎・脊髄

椎間板ヘルニア 腫瘍 骨折

腹部

腫瘍
(肝臓・腎臓・脾臓・膵臓・副腎・膀胱・腸・リンパ節)
門脈シャント 結石(腎臓・膀胱・尿管)
異物 腸閉塞・重積 捻転(胃・腸・脾臓)
骨折

症例紹介

紹介症例


随時アップしていきます

サンプルサブタイトル


サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

紹介について

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト