設備・医療機器紹介

オリーブ動物医療センターの医療機器

超音波検査  Aplio300(TOSHIBA)

超音波を当てて,その反射を画像化することで心臓や腹部の臓器など対象物の内部状態をリアルタイムに検査する画像検査法の一つです。当院で導入している最先端の超音波検査機器である東芝 Aplio の高解像度で鮮明な画像により,正確で迅速な診断が可能です。

超音波検査  Aplio300(TOSHIBA)


超音波を当てて,その反射を画像化することで心臓や腹部の臓器など対象物の内部状態をリアルタイムに検査する画像検査法の一つです。当院で導入している最先端の超音波検査機器である東芝 Aplio の高解像度で鮮明な画像により,正確で迅速な診断が可能です。

麻酔器 Primus Infinity Empowered(Drager)


当院ではより安全な麻酔を行うために,人の医療でも用いられる最先端のドレーゲル社の麻酔器を導入しております。
体重が小さければ小さいほど呼吸の管理は難しいのですが,当院で導入している新生児対応の麻酔器により,トイ犬種や猫 あるいは若齢動物において安定した呼吸管理を実現できます。

DR(デジタル・ラディオグラフィー) NAOMI


高速撮影が可能なX線検査機器です。撮影後すぐに画像処理を行うことや,各診察室で画像を見ることができるので,検査時間を短縮することや動物の保定ストレスも緩和することができます。また、手術室に移動し撮影することも可能なので、骨折など術中にレントゲン撮影が必要な場合も対応できます。

動物用内視鏡  VQ TYPE 8143B ・ VQ TYPE 5112B


お腹を切ることなく胃や腸の内部を観察できます。誤って食べてしまった異物の除去や胃腸の組織を回収することにより病理検査を行い,様々な疾患の診断に有用な検査機器です。当院では大型犬用のVQ TYPE 8143Bと小型犬、猫用のVQ TYPE 5112Bを導入し、様々な大きさの症例に用いることが出来ます。

オゾン発生機  OZONE-V


当院では京都市内の動物病院ではまだ数件しか導入されていないオゾン発生器を導入しております。
動物に対するオゾン療法はまだまだ始まったばかりですが,国内の動物病院でも実施され,その有効性が示されています。この治療法は動物自身の自己治癒力を高める治療法で、副作用が極めて少ない治療法です。動物では自家血療法,オゾン注腸法などがあります。動物に苦痛を与えることなく実施することが可能です。

半導体レーザー


レーザーの出力や照射条件などを変えることにより,外科手術から疼痛緩和,歯周病治療,腫瘍に対する治療まで幅広い治療が行える機器です。
ICG修飾リポソームを併用することにより,外科手術が不可能な深部の腫瘍に対する治療の一つの選択肢となる可能性があります。

心電図


心臓が拡張と収縮を繰り返す時に発生する微弱な活動電流の変化を波形として記録し,その乱れ(不整脈)から病気の診断と治療に役立てるものです。手術前の心臓の状態の確認や心臓性の失神などの原因の検出に用います。

細隙燈顕微鏡(スリットランプ)  kowa SL-15


スリット光と呼ばれる細い光を当てることにより,目の表面,水晶体の状態などを観察できる機器です。また,フルオレセイン染色を用いることにより目の表面の角膜にできた傷を確認することができます。

眼圧測定器  Tono-Vet


小動物専用の眼圧計で,点眼麻酔が必要なく短時間で測定することができます。

歯科ユニット


歯石を除去するスケーリング,歯石除去後の歯の表面を滑らかにするポリッシングを行うことができる機器です。

IDEXX プロサイトDx 自動血球計算装置


血液中に含まれる様々な血球を蛍光レーザーフローサイトメトリー技術を用いることにより,高速,高精度に測定することができる機械です。

IDEXX カタリストDx 血液化学検査器


複数のサンプルを同時に高速に測定できる血液生化学検査機器です。

ICU


酸素濃度,温度の調節がそれぞれの部屋で独立して行うことができ,小型犬から大型犬まで対応することができます。