統合医療

統合医療

統合医療って何?
統合医療とは、現代西洋医学のシステムや方法論だけでなく、東洋医学やさまざまな相補・代替医療のシステムや療法を、積極的に取り入れて、個々の患者に合わせて統合的な治療とケアをしていこうという医療のことを指します。
統合医療とは、現代西洋医学のシステムや方法論だけでなく、東洋医学やさまざまな相補・代替医療のシステムや療法を、積極的に取り入れて、個々の患者に合わせて統合的な治療とケアをしていこうという医療のことを指します。
統合医療を受けるのに予約は必要ですか?
鍼治療に関しては基本野口獣医師の出勤日のみの受付となっておりますので電話(075-501-2139)にてご予約下さい。その他の治療は診察時間中であれば治療可能ですので、気兼ねなく診察中にご相談下さい。電話でのご相談もお受け致します。
代替医療にほどんなものが含まれるの?
代替医療には東洋医学に代表される鍼灸、漢方や栄養療法、サプリメント、ホモトキシコロジー、オゾン療法など様々あり当院でもいくつかの治療を組み合わせています。
動物の東洋医学って具体的にどんなことをするの?
当院では人の鍼灸師の資格を持った野口獣医師指導のもと、鍼治療や漢方や栄養学に基づいた支持療法を行います。鍼治療の適応は主に椎間板ヘルニアなどの神経疾患ですが腎不全や膵炎などの内科疾患にも適応可能で幅が広いです。漢方も組み合わせによって様々な症状に適応できます。
オゾン療法って聞いたことありますか?
まだ日本ではあまり一般的な治療ではありませんが、ヨーロッパではかなり広くおこなわれている治療で、特にドイツでは健康保険が適応され、効果と安全性が認められた治療です。
オゾン療法はオゾンガスを使っておこなう治療の全般をそう呼びますが、その中にはオゾンガスと血液を混ぜて体内にもどす血液オゾンクレンジングというものや、痛みを起こしている周辺に注射で入れる方法、肛門からオゾンガスを注入する注腸法など様々な治療があります。
また、オゾンガスを溶け込ませた水は強い殺菌作用を持つので、皮膚炎や外傷などの治療に使われたりもしています。
詳しくはこちらから。
ホモトキシコロジーってどんなもの?
病気は外的・内的に発生した毒性物質(ホモトキシン)に対して生体がとる防衛反応であると捉えます。ホモトキシコロジーはこの毒素であるホモトキシンの解毒排泄を促し、生体を元のバランスに戻そうとするの手助けします。
この治療法は、各疾患・患者に合わせて、化学療法、外科手術等の現代医療と他の代替補完医療などの数ある治療オプションとして、 また他の治療法とうまく組み合わせることによって種々の疾患・症状に適応されます。
詳しくはこちらから

症例紹介

サンプルサブタイトル

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト